診療報酬債権とファクタリングについて

日本において公的医療保険は国民皆保険です。

つまりこの世に生を生まれた時から、保険に加入して保険料を支払う必要があります。


公的医療保険に加入していることを証明するのが、健康保険証です。

そして病院や診療所にかかった時には、窓口でこの健康保険証を提示します。すると、診察や治療で発生した料金の一部に、公的医療保険の補助を受けることができるようになります。一方、病院などの医療サービスを提供した側は、それを受けた側が支払わなかった部分のお金を、公的医療保険の保険者に請求する必要があります。

納得のファクタリングの詳細はこちらで簡単に調べられます。

公的医療保険によって補助されるため、サービス提供が済んでいるにもかかわらず料金が一時的に支払われない部分は、診療報酬債権と呼ばれています。



ファクタリングとは、この診療報酬債権をファクタリング業者が買い取り、保険者よりも早くに現金化すると言う仕組みのことです。



病院などが診療報酬債権の支払いを保険者に請求しても、実際にキャッシュが支払われるまでには2ヶ月の期間が必要です。よって資金繰りが悪化している病院などは、その間にも資金繰りが苦しいと言うことが考えられます。しかしファクタリングは、最短で即日、長くても数日以内には診療報酬債権が一定の割合額で買い取られ、現金化されます。また融資とは異なり返済の必要性はなく、審査を受ける必要もありません。

そのため資金繰りが苦しい病院などでも利用しやすく、なおかつメリットが大きい仕組みだと言えます。