介護のファクタリングのサービスで早期現金化を図る

介護事業所サービスの問題点となるのが、レセプト作成し国保連に請求しなくてはならない部分です。

事業所の収益が実際に現金化される時にタイムラグが発生する理由は、国保連からの支給が月をまたいで、およそ45日後に支給される為です。
介護のファクタリングサービスを利用すると、早期現金化を図り、事業所内の収支バランスを整える事が可能となります。ファクタリングサービスのメリットは、通常国保連から支給され現金化される期間がおよそ一か月半ほど早く支給出来る点です。
最短で5営業日で現金化する事が可能となります。

初めてでもわかりやすい、ファクタリング情報のお得な利用法をお教えします。

このサービスは、介護報酬債権の買い取りという形で、支給の現金化の最短化を実現できるサービスとなります。

介護のファクタリング会社を利用した場合、サービスのシステム的には借入という扱いではない為、負債扱いにはなりません。
連帯保証人や担保が不要で利用できます。

ファクタリングサービスは手数料も安く、使いやすいサービスです。

小規模事業所であったとしても安心して利用できるでしょう。
その理由は、ファクタリングサービスを行う会社のリスクが他の業界と比べて低い為です。
介護報酬の債権の場合、国保連から未入金という事が無い為、貸倒リスクがありません。



手数料も他の業界と比較して低利率が実現できるのです。


また、このサービスを使用する利点は、他にもあります。

国保連の現金化が最短で行われる事によって借入する必要性が低くなります。



ですから他の経費が必要になった時点で、借入する場合、金融機関からの借入枠の拡大が期待できるようになります。


事業拡大計画を考えている場合、このようなサービスを利用する事によって実現化する事も可能となるでしょう。