介護とファクタリング

ファクタリングと言われても良く分からない人も多いでしょうが、これはいろいろな意味での債権を買い取るサービスのことです。

ファクタリングについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

債権とは、いずれ現金として得られることが確実な取り決め、契約といった意味ですが、説明するよりは例を挙げたほうが早いでしょう。

例えば企業が何か物を購入したとき、その場で現金払いや銀行振り込みすることもありますが、例えば請求書を発行してもらうことで後日振り込むという手段を取る場合もあります。
商品を販売した会社にとっては、請求書を発行することで後日現金として得られることが確実だという意味で、債権ということになります。



医療や介護などの世界でも似たようなことは当てはまります。



診療報酬や介護給付金などは、いずれは支払われることは間違いありませんが、サービスを提供したその場で対価が受け取れるわけではありません。

あくまで実際に受け取れるのは後日になるのです。

ここでファクタリングが登場する意味が生じるのです。介護というサービスを提供したにもかかわらず、その分の対価を受け取れるのは後日になってしまうのでは、その間の運営、経営ははたしてどうするのかという問題が生じます。

もちろん自分自身も支払先に対して債権を発行することで対応できればよいのですが、全ての支払先に対してそういうわけにはいきません。
職員の給料などはその代表例です。
こういう場合にファクタリングを利用すれば、債権と引き換えにその場で現金化できるわけです。