今後の介護保険事業におけるファクタリング

近年、介護報酬が減額されたりあるいは特別養護老人ホームへの入居要件が要介護1以上から3以上へと厳しくなりました。

ファクタリングの詳細は専用ホームページで紹介しています。

このことは、介護保険事業を行うところにとっては厳しくなったわけです。


新規参入も、収入の柱となるものが減額されたりしたのを知れば、二の足を踏む可能性は高まります。
こうした状況下の元、今後収入の柱となる介護報酬を利用したファクタリングも、条件によっては認められないケースも出てくるでしょう。



ファクタリングで資金を貸し出す側からすれば、貸し出した資金の回収の目処が付くかどうか分かりづらくなってきたわけですから、ファクタリングの活用でも上手くいくかどうか分からなくなったわけです。


したがって、元々の法人母体の経営が上手くいっていて、改めてこの事業に参入するであるとか、担保となるものが相応にしっかりしていると見なせない場合には、資金の提供をこばむ恐れも生じるようになっていきます。

新規で事業を興すところには、厳しい状況に入りました。

資金調達の目処が立てやすかったファクタリングでも、この事業関係では厳しさを増しつつあります。
資金の確保が難しければ、新規開業を断念することも考えなくてはいけません。



他の有力な事業を考えるか、あるいは今後の厚生労働省などの考え方の変更を待つなどして、時間の経過を見ながら制度の変更の可能性を探るといったことが考えられるところです。現役世代の減少で、この業界の将来性が読みにくくなったこともあります。