静岡エリアの水道工事と断水について

静岡県には温泉地やB級グルメでも有名なエリア、観光スポットや海水浴場などがあり、レジャーに最適な環境を持つ県です。

宿泊施設も多くあるなどからも、水道工事で断水になると宿の運営にも悪影響を与えかねません。水道工事は水道管が古くなり交換する時や故障などで修理することを意味しますが、断水になると静岡県内にあるホテルや旅館は営業ができなくなるなどのデメリットがあります。工事を行う時には通水したままで行える不断水工法が採用されることも多くなっています。

文字通り断水せずに設備交換やメンテナンスができるメリットがあるわけですが、静岡県は温泉地も多くあるので、温泉を源泉から汲み上げる設備でも不断水工法が採用されることが多いようです。ところで、温泉地に行くとやぐらを見ることが多いと感じている人は多いかと思われますが、このやぐらは温泉をポンプを使い汲み上げている場所で、ポンプの定期的点検やメンテナンスは欠かせません。

地下500mや1、000mなどの場所からお湯を汲み上げる、これを各温泉施設に送り込むための装置がやぐらに設置されており、水道工事の一つとして必要不可欠です。都心などではこうした施設は少ないのですが、静岡県の伊豆エリアは有数の温泉地などからも、飲料水だけでなく温泉の水道工事が行われることも少なくありません。この場合も温泉を供給しながら工事ができる不断水工法が採用されることが多いと言われており、温泉を楽しみに訪れたお客さんに迷惑をかけることもないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *