トイレのつまりや水漏れが起きた時の対処法

トイレットペーパーを大量に捨てると、タンクレバーを回して水を流した時に流れが悪くなってしまう、このような経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

大量に捨てるとタンク内の水圧だけでは足りずに便器内部の排水路部分につまりが起きることがあります。水の流れが悪いと感じた時はつまりの予兆であることを把握することが大切です。しかし、つまりが起きてないのでそのまま使用を続けていると、まったく水が減らない状態に発展してしまうなどからも、流れが悪いと感じた時はラバーカップを使って異物を取り除く作業がおすすめです。

ラバーカップはスッポンなどの愛称で呼ばれている道具で、トイレのつまりが起きた時に役立つ存在になってくれます。ホームセンターなどで購入することができるため、掃除道具と一緒に揃えておくと安心です。トイレトラブルのもう一つは水漏れによるものです。水漏れと一口に言っても、便器と床の隙間から生じるものもありますし、タンクからの水が止まらなくなる水漏れもあり様々です。

中にはタンクに給水させるための配管の繋ぎ目部分から水が漏れて来るトラブルもあるなど、何れも放置することができないトラブルと言っても良いわけです。業者にお願いする場合でも、トイレの水漏れが起きた時は止水栓を閉じることが最大の応急処置です。止水栓はタンクの後ろ側や床下などに設置されているもので、最近はマイナスドライバーを使って回すタイプが主流になっているため、ラバーカップと同様にマイナスドライバーも万が一の時のことを考えて用意しておくと安心に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *