マンションの雨漏りは色々な面で困難

マンションの雨漏りは困難な事が多いです。

雨漏り箇所が一体何処から漏れて来るのかが水だけに特定するのが困難です。雨が降りますと建物を見ると解りますが、外壁、屋上部分、バルコニーなど少しの隙間があればそこから内部に流れ出します。ほとんど天井部分から水がしたたりおちますが、壁を伝って漏れてく場合も有ります。一戸建てですと天井部分に人間が入り込むこともできますが、マンションですとある程度は入り込めるのですが、全体を見る事はかなり難しく、流れ落ちて来た部分の天井をはがして、中に潜り込み雨漏りや水漏れ部分を特定し、補修しますが雨漏りや水漏れが出たら、まずはすぐに管理組合やマンション管理会社に連絡です。

原因調査は直接、上の階の人に掛け合うと必ず人間関係がおかしくなりますので必ず組合の役員や管理会社の人に立ち会ってもらう事も大切です。一旦、人間関係がこじれますとかなりや面倒で、今後ずっと住み続けるのも嫌になったら、たまりません。共有部分が原因なのか所有部分が原因なのか、其の違いで補修費はどこが払うかが違ってきます。

分譲マンションとなると、天井裏は共有部分で共益費の中でほとんどのマンションは火災保険に加入していますので、そこから雨漏りの補修費が賄われますが所有部分が原因であれば個人で支払いも有り得るでしょう。やはりこれも個人加入の火災保険から支払われる事も多いので保険は必ず入っておくべきです。保険で備えることは重要です。災いはいつも急にやってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *