分譲マンションの雨漏り時の費用負担と修繕について

分譲マンションにお住まいの方で雨漏り被害にあった際には基本的には自分で雨漏りや室内の復旧を行う必要はありません。

箇所にもよりますが室内への雨漏りの場合、ベランダかもしくは外壁のクラックよりの侵入からが考えられます。いずれの場合も、分譲マンションでは個人の所有である専有部分ではなく、マンション共有のものである共用部分であると考えられています。したがって、共用部分の修繕はマンション管理組合の修繕費から行われます。また、箇所によっては管理組合にて契約している火災保険にて対応する場合もあります。

そのため、まず現状を確認した場合は管理組合の理事長、もしくは管理会社まで連絡し現状を見てもらったほうがよいと思われます。その後、修繕業者より連絡が来たのちに雨漏り箇所に特定から行います。箇所の特定は非常に難しく長期間になることもあります。その期間雨漏りが続いてしまいもどかしく思われるかもしれませんが、基本的には室内の壁紙のクロスや、床のフローリングは必ず原状回復工事を行うため新品となりますし、被害があまりにも著しい場合には保険会社よりホテル宿泊費や慰謝料が支払われる場合もあります。

しかしながら、火災保険が使用出来ずに修繕積立金が充分に集まってない管理組合の場合、箇所の修繕は行うものの室内の修繕を行わないことも考えられます。したがって、基本的にはマンション管理組合や契約した火災保険にて対応するものの、いざという時のために自分でも火災保険に加入する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *