マンションで発生する雨漏り

一軒家と違ってマンションで雨漏りは発生しないと考えがちです。

でも、メンテナンスをしっかりしておかないとある日突然雨のシミが天井の角に見えるようになるかもしれません。通常マンションの屋上は防水のため耐久性のある防水用シートを使います。屋上一面に広げられた防水用シートは1枚で作られているわけではなくロール状なった長いシートをいくつも並べて全体をカバーします。ただし、長年使用することでビニールシートが収縮し、変形することで隙間が生じます。

その隙間から雨水が流れ込んで雨漏りになります。最初のうちは隙間が小さいため気がつくことはないと思います。何度か雨を経験すると雨水が蓄積されて最上階の住民のお宅で壁の上部に汚れが発生します。場合によっては壁紙がはがれることもあります。目に見える変化があれば、事態は深刻です。早めに対応しないと雨のたびに雨水は蓄積されます。マンションの雨漏りは最上階の方しか気がつくことができません。

住民にとっては深刻な問題です。対応方法としては古くなったシートをはがして特殊な接着剤で新しいシートを貼ると言うものです。シートの継ぎ目部分はしっかりとシール剤で塞ぎます。貼り終わったシートの縁は、しっかりと建造物に取り付けます。このようにして防水性を高めます。防水シートは太陽からの熱や風雨にさらされてまた収縮、硬化などが発生します。一度交換したら一生使えるわけではなく、定期的な交換が必要と言うことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *