マンションで雨漏りした場合

マンションでも雨漏りする事は有ります、一戸建ての場合でしたら持ち主が修繕をするだけのことですがマンションの雨漏りの場合は事情が違ってきます。

もしも建物の構造が原因で起こった場合には修繕は管理費や積立金から支払ってもらうことになるので自分で修理する必要はありません。基本的に屋上は共有のものだからです。しかしこれが原因で自分の部屋の天井にしみができた場合は因果関係が証明されると修繕費用を支払ってもらうことができます。どちらにせよ何か問題があったときにはすぐに調査をしてもらいましょう。上の階の人の水漏れの場合でしたら上の人に賠償してもらうことができますし、誰の責任でもない場合は保険などで賄うこともできます。

分譲ではなく賃貸のマンションで雨漏りが起こった場合はどうなるのでしょうか。賃貸物件の場合は借りている人に問題が無い場合お金を請求される事は有りません。ただ天井にシミができた場合はすぐにそのことを伝えるようにしてください。そのまま放置していますと退去する時に自分の責務と思われてしまい賠償金を請求される可能性もあります。自分の責任でない場合は家主が修繕をすることになります。

集合住宅の場合は誰の責任になるのか気になるところですが一戸建ての時と同じようにマンションでも雨漏りがあればすぐに対応したほうがいいでしょう。木造住宅ではないもののそのままにしているとやはり劣化の要因になります。建物そのものの価値を下げることにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *