マンションでも起こりうる雨漏り

頑丈な構造のマンションは雨漏りとは無関係と思われがちですが、そうではありません。

マンションは意外と雨漏りが発生しやすい要素を持っています。屋根は勾配があるほど水はけが良く、勾配が緩やかなほど水はけが悪いことが知られています。マンションの屋根は平らな陸屋根なので、水はけは勾配屋根よりも劣ります。それでも間単に雨が漏れないのは、防水工事を施しているからです。屋上の防水はシート防水やアスファルト防水で行われ、何層にも防水層を重ねて万全が期されています。

それでも、何十年も風雨にさらされるうちに劣化し、割れなどの劣化が生じます。防水工事のやり替えは、大規模改修工事において行われるのが常ですが、何らかの理由で防水工事のやり替えを行っていない場合は、雨漏りが発生することがあります。さらに、バルコニーも雨が漏りやすいか所です。バルコニーは一般に狭く、防水工事を行う施工条件が悪くなります。防水の行き届かないところが破損し、雨が漏る場合があります。

一般に鉄筋コンクリートの建物が雨漏りした場合は、どこから雨が漏ったのかが見つけ難い傾向にあります。コンクリートには目に見えない無数のヒビがあり、雨水がコンクリートの奥深くまで浸入してしまうためです。マンションではこれらのトラブルを防ぐため、定期的な補修工事が必要になります。防水層のやり替えはもちろんのこと、外壁の塗装替えも、ひび割れか所を防ぐ目的を持ち、効果的です。
静岡の水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *